『宝船』利昇窯 茶碗の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 立体・工芸 > 『宝船』利昇窯 茶碗
 
 <前の商品 『宝船』利昇窯 茶碗  次の商品
 
『宝船』利昇窯 茶碗 『宝船』利昇窯 茶碗
『宝船』利昇窯 茶碗 『宝船』利昇窯 茶碗
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 :
商品番号:AT-SKY002
販売価格 : 46,440 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

〈大阿闍梨〉の尊い書を再現した、招福招財を願う縁起茶碗

天台宗・比叡山延暦寺 大阿闍梨 酒井雄哉 猊下 写
『宝船』利昇窯 茶碗
 

福徳の象徴「宝船」が新年の幕開けを彩る

 比叡山延暦寺の千日回峰行を二度満行し、平成十年に行者の最高位である大行満総一和尚になった大阿闍梨・酒井雄哉猊下。「生き仏」と敬われた猊下のお言葉には、安らぎと幸せへの祈り、生きる力が込められています。今回は、そんな猊下の説かれた数ある言葉の中から、「進寳」という文字を「宝船」に見立て、「宝は人、人との出逢いが宝である」と染筆された大変縁起の良い書を、清水焼の伝統を受け継ぐ利昇窯の茶碗に再現いたしました。福徳円満な新年の幕開けを願う吉兆のしつらえとして、ぜひこの機会にご所蔵賜りますよう、心よりおすすめ申し上げます。

●利生窯の印入り  ●桐製収納箱に納めてお届け
 

酒井雄哉 略歴

 大正十五年九月、大阪市に生れる。昭和四十年、小林隆彰師により四十歳で得度。その後、行の師である飯室谷長寿院の箱崎文応師に就き、三年間の籠山行。昭和四十九年、無動寺谷宝珠院住職を拝命。昭和五十年四月、千日回峰に入行。昭和五十五年十月満行。昭和六十二年七月、史上三人目の二千日回峰を満行。平成二年三月、十二年籠山行を満行。平成二十五年、九月二十三日遷化。八十八歳。
 

利昇窯 陶歴

昭和二十一年六月、京都で生れる。昭和六十年、京都伝統美術功労賞受賞。平成元年、京都高島屋にて個展。その後、三越・高島屋・各地の百貨店にて個展。以降、茶陶を専らとして現在に至る。


作品詳細情報

品番 AT-SKY002
作品名 『宝船』利昇窯 茶碗
素材 陶器
寸法 径12cm、高さ8cm
付属 桐製収納箱
納期 受付後1〜3週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません