弘法大師空海/崔子玉座右銘の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
冬期休業日


フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
仏事商品 > 弘法大師空海/崔子玉座右銘
<前の商品 弘法大師空海/崔子玉座右銘 次の商品
弘法大師空海/崔子玉座右銘

クリックすると商品が拡大表示されます。
作家名 :
商品番号:AK-KZ01
販売価格 : 194,400 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで

作品解説

重要文化財
『崔子玉座右銘
(さいしぎょくざゆうめい)』
弘法大師(空海)

●原本所蔵/公益財団法人大師会

〜1200年の時を超え、弘法大師の名筆が甦る〜

 密教確立の宗教者としてのみならず、書においても、その名を中国大陸にまで残す、弘法大師空海。本年は、その弘法大師空海が高野山の地に密教道場を開いてから1200年という節目の年にあたります。
 この記念すべき年にご案内いたします本作品『崔子玉座右銘』は、重要文化財にも指定されている「弘法大師筆崔子玉座右銘残巻」を、原本所蔵元である公益財団法人大師会の全面協力と、日本書道史家としても名高い国立東京博物館名誉館員、古谷稔氏監修のもとに復刻制作された、文化的、歴史的にも意義深い逸品です。
 書き綴られた八文字は、江戸時代初期、狩野探幽が高野山・金堂の壁画を描いた折りに、その謝礼として請うて貰い受けた十六字分の中の一文で、他人に施す時と、自らが施しを受ける時の心構えが示された、深い想いが伝わってくるたいへん貴重で価値ある書です。
 芸術としての「書」の魅力と、弘法大師の「心」に満ちた、品格漂う掛軸に仕立てた本作品『崔子玉座右銘』。眺めれば眺めるほどに、日々の暮らしに魂の安らぎを与えてくれる珠玉の一幅です。

●正式な手続きのもとに制作された証 として、桐箱蓋裏に奥付証紙が貼付 されています。
●箱書揮毫(シルク刷り)・高野山春深(原本・跋より)


公益財団法人 大師会について
明治29年(1896)、三井物産の創始者であり、茶人としても名を馳せた益田鈍翁によってひらかれた歴史ある茶会「大師会」。弘法大師筆『崔子玉座右銘』を披露するために大師の縁日にあたる3月21日に催され、各界の名士たちが集いました。三渓園、畠山美術館、護国寺と会場を移しながら、昭和49年(1974)より根津美術館に引き継がれ、毎年春に行っています。

 弘法大師空海(774〜835)には自筆本が現存するため、今もわれわれは空海の息吹をその書によって直に味わうことができる。九世紀の空海の書が二十一世紀の今日にまで、千二百年の時空を超えて伝来したこと自体、驚異的といわざるを得ない。(中略)この「崔子玉座右銘」を見ると、空海が大勢を相手にこうした座右銘の墨書をしめしながら教えを説いた場面が彷彿とする。
古谷稔(東京国立博物館名誉館員)(付属解説書より抜粋)





作品詳細情報

品番 AK-KZ01
作品名 崔子玉座右銘(さいしぎょくざゆうめい)
原本 重要文化財「弘法大師筆崔子玉座右銘残巻」
技法 特殊美術印刷
用紙 近江生漉楮紙
画寸 28.5×53.3cm
軸寸 124×73.5cm
表装 三段表装、天地:黄土地緞子、中廻し:鶸茶地牡丹唐草緞子風帯・一文字:紫地小唐花金襴
軸先 黒塗頭切九分
収納 柾目桐箱(箱書・シルク印刷)
箱書揮毫 高野山春深(原本・跋より)
監修 古谷稔(国立東京博物館名誉館員)
原本所蔵 公益財団法人大師会
発行 共同印刷(株)
納期 受付後1〜3週間前後

  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません