初秋(軸装)/上村松園の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 スタッフブロ...
【2018/1/1更新】あけましておめでとうございます。 昨年も美術界に...
 

2018年 01月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    
今日
冬期休業日


フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 絵画 > 初秋(軸装)/上村松園
 
 <前の商品 初秋(軸装)/上村松園  次の商品
 
初秋(軸装)/上村松園 初秋(軸装)/上村松園 初秋(軸装)/上村松園 初秋(軸装)/上村松園
初秋(軸装)/上村松園 初秋(軸装)/上村松園 初秋(軸装)/上村松園 初秋(軸装)/上村松園
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 上村松園
商品番号:AK-US58
販売価格 : 129,600 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

【生誕140周年記念】近代美人画の最高峰、松園が生涯追い続けた清澄なる美の世界

『初秋』 文化勲章受章 上村松園
■原画所蔵/古川美術館 ■監修/文化功労者 上村淳之


 近代美人画の最高峰として燦然たる光芒を放つ、上村松園。女性として初となる文化勲章受章の栄誉に輝き、代表作「序の舞」が重要文化財に指定されるなど、我が国の美術史のみならず文化的にも大きな足跡を残しました。このたびご案内いたします『初秋』は昭和18年頃に描かれた作品で、生誕140周年を記念し、直孫の上村淳之画伯ご監修のもとに特別限定制作されたファン待望の新作です。
 秋草の露に袖を濡らすまいと、柔らかな視線を落としそっと袖を翻す一人の乙女…。僅かな風に揺れる白萩のしなりに合わせるような、しなやかな腕から指先にかけての動き、切れ長の目と柔らかな表情、そして眉や髪の生え際の美しさ。これら一つ一つが女性ならではのきめ細やかな描写で見事に描き上げられています。さらに、子供の頃から女性たちの衣装や髪型を見て描くことが大好きだった、松園らしいこだわりが娘の着物や小物などから見て取ることができます。珊瑚色の着物は、袂にいくほど濃い赤になり、白い片輪車文と、斜めの太い縞柄を染めだした深緑の帯との対比がモダンな雰囲気を醸し出し、髪に挿した鼈甲のかんざしに朱の元締めがアクセントとして、娘の美しい島田髷に映えています。
 何気ない秋の一景の中に、京都の言葉で落ちついていながらも華やかで明るく、上品かつ粋で知的な様子を表す、“はんなり”した風情が溢れ、内に秘めた意志の強さに、若い女性の凛とした清廉な美しさが漂い、そこにはただ美しいだけではなく、人間の内面まで迫る作品を描き出した松園芸術の真髄が詰まっています。
 今回、高度なデジタル複製技術で、松園ならではの繊細な筆致、まるで今描いたような瑞々しく鮮やかな色彩にいたるまで極めて精緻に再現いたしました。体裁にもこだわり、しぐれ紬織りマットに金泥を施した特製額縁に収めた額装と、本格三段表装仕立ての軸装の二種類をご用意。いずれも松園芸術にふさわしい格調高い仕上がりで、作品の魅力を一層引き立たせています。
 ぜひこの機会にご所蔵たまわり、いかなるときも理想の美人画を追求し続け、一点の卑俗なところもなく、清澄で香高い〈真・善・美〉の世界を追い続けた、上村松園晩年の傑作をお手元でゆっくりとご鑑賞ください。

 

作品詳細情報

品番 AK-US58 AR-US58
作品名 初秋(軸装) 初秋(額装)
作家名
上村松園
技法
彩美版(R)・シルクスクリーン手刷
用紙
特製絹本
画寸
43.5×53.0cm
証明
監修者承認印・限定番号入り奥付証紙を貼付
監修
上村淳之
発行
共同印刷(株)
額・軸寸 39×72.2cm 63×72.5cm
額装・軸装 ●表装/三段表装●天地:利休茶色無地●
中廻:浅葱鼠色地流水文緞子●風帯・一文字:白茶地唐花草文金襴●軸先:新牙●収納/柾目桐箱〔■題字:上村松園(シルク刷り)〕
●額縁/特注木製額金泥仕上げ
限定制作
200部
原画所蔵
古川美術館
納期 受付後1〜2週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

1875年 京都市に生まれる。
1887年 京都府画学校入学、鈴木松年に師事。
1890年 第3回内国勧業博覧会に「四季美人図」を出品。
来日中の英国コンノート殿下が買上げ評判となる。
1893年 幸野楳嶺門に入る。
1936年 新文展の招待展に「序の舞」を出品。
1943年 この頃『初秋』制作。
1948年 女性初の文化勲章を受章。
1949年 逝去、享年74。
2015年 生誕140周年を記念する展覧会が各地で開催される。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません