申/上村淳之の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 絵画 > 申/上村淳之
 
 <前の商品 申/上村淳之  次の商品
 
申/上村淳之 申/上村淳之
申/上村淳之 申/上村淳之
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 上村淳之
商品番号:AR-UA52
販売価格 : 64,800 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

平成28年 開運・招福の象徴『申』が告げる、輝かしい新年の幕開け

【作家直筆サイン入り 限定オリジナルリトグラフ】
『申』文化功労者・日本藝術院会員 上村淳之
 

■美の系譜・上村三代(松園・松篁・淳之)。
 日本画の正統・上村淳之画伯が描く、真・善・美の世界。


 現代日本画壇の正統として、高い評価と支持を受けておられる上村淳之画伯。花鳥画で数多くの名作を発表し続け、2010年には奈良の平城遷都1300年を記念して復元された、平城京・大極殿内の〈四神〉、〈十二支〉の大壁画連作を描かれるなど多岐にわたる制作活動を続けられ、2013年に文化功労者に顕彰されました。
 ご案内のオリジナルリトグラフ『申』は、十二支のうちの「申」に割り当てられた「猿」を描いた、上村画伯ならではの優美で格調高い作風が存分にお楽しみいただける傑作
 松の枝上に仲良く寄り添い並ぶ親子猿の姿は、ほのぼのとした温もりを感じさせ、上村画伯の自然界に生きるあらゆる生命への慈しみの想いが画面全体に満ち溢れています。さらに、親子猿が嬉しそうに眺める旭日が神々しい輝きを放ち、新しい年を迎えた喜びを際立たせています。
 限定制作300部、上村淳之画伯直筆サインと落款、番号が入れられた価値ある本作品『申』。このたび当ギャラリーにて30部をご用意し、お求めやすい64,800円(税込)でご提供いたします。
 古来より猿は山の賢者で、山神の使いといわれ、また「猿(去る)」に通じることから、災難や厄災が去り、開運・招福の象徴として尊ばれてきました。清々しい新年の幕開けを彩る吉祥のしつらえとして、また「申」年生まれの方への贈物としてもお喜びいただけます。ぜひこの機会をお見逃しなくご所蔵賜りますよう、心よりおすすめ申しあげます。なお、限定作品のため、早々の完売が予想されます。お早目にお申込みくださいませ。


【保証】
画面右下に通し番号が、左下に直筆サインと落款が入れられています。

作品詳細情報

品番 AR-UA52
作品名
作家名 上村淳之
技法 リトグラフ
版数色数 15版15色
画寸 23.9×33.4cm
額寸 41.4×49.7cm
額縁 特製木製額
証明 作家直筆サイン、番号、落款入り
限定制作 300部
納期 受付後2〜3週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

1933年 京都市に生まれる。
1957年 京都市立美術大学日本画科卒業。
1981年 創画会会員となる。
1984年 京都市立芸術大学教授となる。
1994年 松伯美術館開館、館長となる。
1999年 京都市立芸術大学副学長となる。
2002年 日本藝術院会員となる。
2005年 京都市学校歴史博物館館長となる。
2006年 社団法人創画会理事長となる。(2012年まで)
2010年 平城京第一次大極殿正殿内に壁画連作を制作する。
2012年 〈上村淳之展―作家の眼〉が開催される。
2013年 文化功労者として顕彰される。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません