高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 掛け軸 > 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立
 
 <前の商品 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立  次の商品
 
高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立
高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立 高岡岳堂 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 :
商品番号:AK-G046
販売価格 : 63,000 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

天を敬い、人を思いやる_明治維新の英傑、
西郷隆盛が現代人に贈る珠玉のメッセージ
『敬天愛人』 高岡岳堂 筆 真筆掛軸〈尺五立〉

名だたる企業のリーダー達が座右の銘として掲げる西郷隆盛の遺訓を、この道50余年の名書家が一点一点力強い筆致でしたためた真筆掛軸。
格調高い本格丸表装にお仕立てし、お求めやすい価格でご提供。


 倒幕と維新に尽力した英雄三傑の一人、西郷隆盛。「西郷どん」という愛称とともに今なお多くの人々から慕われ続けています。49年の波乱に富んだ生涯のなかで、西郷が常に心に留め、指針としていた言葉が「敬天愛人」です。修養を積み、天を敬い、人の気持ちを思いやる―という意味を持つこの言葉は、無私無欲に、ひたすら国のため、民衆のために尽くした西郷の生き方そのものでもあり、現代では日本を代表する企業のリーダー達が自らを励まし、戒める座右の銘としていることでも知られています。
 本作『敬天愛人』は、時代を超えて人々の心を打つこの珠玉の言葉を、名書家の誉れも高い高岡岳堂師が、西郷の熱き想いをその筆に込め一筆一筆肉筆にてしたためた逸品掛軸です。
 明治維新より150年、崇高な使命を胸に時代を牽引した西郷隆盛の高邁な精神が、清々しい墨の香りと共に甦りました。現代に生きる人々へと贈る西郷隆盛の熱きメッセージ『敬天愛人』。眺めれば眺めるほど心深く沁み入る本作を、ぜひこの機会にご愛蔵賜りますよう心よりおすすめ申しあげます。


◆御家訓としてお掛けいただくに相応しい、格調高い本格丸表装にてお仕立て。
◆作品は書家直筆による題字、署名、落款が入れられた高級桐箱に収めてお届けいたします。

 

西郷隆盛(1828〜1877)
薩摩藩下級士族の出身。薩摩藩主・島津斉彬の知遇を受け藩政に参画。島津久光に抗して尊王攘夷運動に奔走。慶応3(1867)年12月9日の王政復古に重要な役割を演じ、新政府参与、戊辰戦争では大総督参謀となった。明治4(71)年、参議筆頭となり廃藩置県に尽力したが、征韓論を唱えて辞職。帰郷して私学校を経営し、士族授産に尽力した。しかし中央政府との疎隔がはなはだしくなり、部下に擁立され1877年西南戦争を起し、城山で戦死した。死後、陸軍大将の位階などが復元された。



 

作品詳細情報

品番 AK-G046
作品名 真筆掛軸『敬天愛人』尺五立
作家名 高岡岳堂
技法
紙寸 134.5×41.7cm
軸寸 195×54.5cm
表装 丸表装

収納

作家直筆題字、署名、落款入り桐箱
納期 受付後1〜2週間前後

高岡岳堂《略歴》

昭和18年岐阜県生まれ。個展を中心に活動。美術年鑑掲載作家・幸清会会員。
 
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません