月華厳島/平山郁夫の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   目的別検索 > 月華厳島/平山郁夫
 
 <前の商品 月華厳島/平山郁夫  次の商品
 
月華厳島/平山郁夫 月華厳島/平山郁夫 月華厳島/平山郁夫 月華厳島/平山郁夫
月華厳島/平山郁夫 月華厳島/平山郁夫 月華厳島/平山郁夫 月華厳島/平山郁夫
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 平山郁夫
商品番号:AR-HI109
販売価格 : 330,000 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

月光に浮かぶ幻想的な神宿る社、
世界遺産 厳島神社


文化勲章受章 
平山郁夫『月華厳島』
●監修/平山美知子(平山郁夫シルクロード美術館館長)

■再興第78回院展出品作・本金泥使用  
■迫力の20号変形、豪華な金泥特製額装にてお届け
■限定制作300部


現代日本画壇の金字塔が描く悠久の荘厳美
 現代日本画壇の金字塔が描く悠久の荘厳美 現代日本画壇の最高峰としてその名を轟かす、巨匠 平山郁夫画伯。爛轡襯ロードシリーズ”に代表される数々の傑作を世に送り出し、日本のみならず海外でも高い評価を得、1996年にフランス最高勲章であるレジオン・ドヌール、そして1998年には文化勲章を受章されました。
 本作『月華厳島』は、長きにわたるシルクロードの道のりの後、日本美の原風景へと回帰した平山画伯がいっそう深まる祖国への想いをこめ、故郷、広島の景勝を描きあげた円熟期の傑作です。

潮が満ち、月光に浮かぶ幻想的な“青の世界”
 舞台となったのは、松島、天橋立とならび日本三景のひとつに数えられ、創建1400年、推古天皇の御代に遡ると伝わる厳島神社です。同じ広島に生まれた平山画伯にとってこの社の存在は大きく、スケッチを含め何点も描かれましたが、その中の代表的作品が本作『月華厳島』です。
 厳島といえば、赤い大鳥居を描き込む華やかな昼景が多いですが、本作ではあえて回廊を進んだ奥まった地点から、地上に浮かぶ複雑な回廊建築の重なりを描いています。月光のもと、海上に浮かぶ回廊が描かれ、群青の濃い色調でまとめられた画面に釣灯籠のほのかな灯りが幻想的な雰囲気を醸しだし、神宿る聖域そのものといった荘厳さを漂わせています。

平山芸術の真骨頂、群青の美しい世界を克明に再現
 このたび、平山郁夫シルクロード美術館館長の平山美知子氏にご監修をあおぎ、高精細な絵画複製技術と熟達の職人技によるシルクスクリーンで、平山芸術の真骨頂である神秘の青い世界を克明に再現。回廊に沿って点々と連なる灯籠の灯りには原画同様に本金泥が用いられ、奥へ奥へと幻想の世界へ観る人を誘います。大型パネルとして描かれた原画の趣そのままに、20号変形の迫力あふれる美術絵画作品として完成。額装にもこだわり、美術館を思わせる格調高い金泥仕上げの木製額装にてお仕立ていたしました。
 2009年、79年の生涯を閉じられた平山郁夫画伯。前人未到の画境を切り拓いた美の巨人が、10年の歳月を超えておおくりする畢生の感動作『月華厳島』をどうぞ愛蔵賜りますよう心よりおすすめ申しあげます。
 

作品詳細情報

品番 AR-HI109
作品名 月華厳島
作家名 平山郁夫
技法 彩美版(R)・シルクスクリーン手刷り、一部本金泥使用
用紙 版画用紙
画寸 34.1×72.7cm
額寸 54.5×93cm
額縁 特製木製額縁金泥仕上げ
監修 平山美知子(公益財団法人平山郁夫シルクロード美術館館長)
解説 谷岡 清(美術評論家/NPO法人美術教育支援協会 理事長)
証明 承認印・限定番号入り奥付シールを額裏に貼付
限定制作 限定制作/300部
発行 共同印刷株式会社
納期 受付後1〜3週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません