みやまの四季/前田青邨の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

おすすめ作家一覧

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 絵画 > みやまの四季/前田青邨
 
 <前の商品 みやまの四季/前田青邨  次の商品
 
みやまの四季/前田青邨 みやまの四季/前田青邨 みやまの四季/前田青邨 みやまの四季/前田青邨
みやまの四季/前田青邨 みやまの四季/前田青邨 みやまの四季/前田青邨 みやまの四季/前田青邨
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 前田青邨
商品番号:AR-ME12
販売価格 : 184,800 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

春夏秋冬の華やぎを一枚の絵に謳いあげた花鳥画の傑作

文化勲章受章 前田青邨
『みやまの四季』
特装版

明治・大正・昭和にわたり数多の名作を生み出し、文化勲章受章に輝く近代日本画壇の巨匠、前田青邨。
最も華麗な装飾画として忘れがたい印象を残す名作が 著作権者 前田家の正式承認のもと真正忠実に再現。


■ 緞帳原画として制作された円熟期の傑作
■ 本金泥を使用した四季の華やぎが お部屋を飾るに相応しい名作
■ 著作権者の承認印・限定番号入り
■ 金泥仕上げの豪華高級額装
■ 限定制作500部


絢爛たる自然美、咲き誇る四季の息吹
 紅白梅に桜、藤、紅葉、木蓮な ど日本の四季を彩る木々が一枚 に表され、梢で憩う小動物、花々 の間を渡る鳥に季節の移ろいを 重ねた、華やかで幻想的な作品 『みやまの四季』。青邨が文化勲 章を受章した翌々年に描かれた 円熟期の代表作です。
 日本人は、古来より春夏秋冬の 中に息づく草花、樹木、そして鳥 獣を慈しみ、自然を描いた「花 鳥画」を遺してきました。青邨 は「その画題を古人がいかに表 現したかを知ることによって、自 分のもの(絵)を創り上げてゆこ うとしている」と語り、古画の勉 強とスケッチを重ねてきました。 青邨が、日本人が受け継いでき た自然への思い、そして廻る命へ の思いを込めて描いた華麗な花 鳥画がこのたび著作権者 前田 家の正式承認のもと、一部本金 泥を使用し豪華で細密な筆致 まで追求した一級の美術作品と して制作されました。
 日本人の自然観を示し、子孫 繁栄をも意味する吉祥画とも 名高い『みやまの四季』を、ぜひ お手元でお楽しみください。

作品詳細情報

品番 AR-ME12
作品名 みやまの四季
作家名 前田青邨
技法 彩美版(R)・シルクスクリーン手刷り
限定制作 500部
画寸 縦35× 横60.6cm
額寸 縦52.8×横78.3×厚さ4.5cm・重量3.3kg
画素材 版画用紙
額装 特製木製額金泥仕上げ
証明 著作権者承認印・限定番号入り証紙を額裏に貼付け
解説 川口直宜(美術評論家・前泉屋博古館分館長)よる解説書付
発行 共同印刷株式会社
納期 受付後1〜2週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

1885年  岐阜県に生まれる。
1901年 梶田半古の塾に入門。 師より「青邨」の雅号を貰う。
1902年 日本絵画協会・日本美術院連合絵画共進会に入選。師半古から「青邨」の雅号を貰う。
1914年 日本美術院同人に推挙される。
1920年 延暦寺より「根本中堂落慶供養図」を依嘱される。
1944年 帝室技芸員となる。
1951年 東京藝術大学主任教授に就任。
1955年 文化勲章受章。
1957年 『みやまの四季』を制作。
1959年 香淳皇后の絵画の指導を始める。
1967年 法隆寺壁画再現模写を監修。
1970年 皇居石橋の間「紅牡丹」「白牡丹」を加筆・制作。
1973年 高松塚古墳壁画模写総監督を務める。
1974年 ローマ法王庁からの依頼で「細川ガラシャ夫人像」を完成。バチカン美術館に納める。
1977年 逝去。

 
 
 
 
 
  ニックネーム : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません