醍醐/奥村土牛の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 絵画 > 醍醐/奥村土牛
 
 <前の商品 醍醐/奥村土牛  次の商品
 
醍醐/奥村土牛

クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 奥村土牛
商品番号:AR-OT08
販売価格 : 275,000 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

馥郁たる芳香溢れる、奥村芸術の頂点

80年以上にも及ぶ画業の中で数々の名作を発表し、日本画壇に大きな足跡を残された巨匠・奥村土牛画伯。量感溢れるデッサンと、繊細な色使いで描かれた作品は没後20年以上を経ても高い人気を誇り、観る者の心を捉えて離しません。

ご案内の『醍醐』は、その土牛画伯の代表作の一つとして、ひときわ高い評価を得る作品。昭和38年に師・小林古径の七回忌の法要の折に立ち寄った、京都・醍醐寺にある満開の枝垂れ桜の姿に究極の美を見出した土牛画伯は「何時か描いてみたい…。」と心に誓い、向き合うこと約10年、昭和47年(1972)ついにこの傑作『醍醐』を発表されました。

この時、土牛画伯83歳。桜を描く時は、たいてい花を中心に描かれますが、本作はまるで幹が主役のように描かれています。しっかりと大地に根をはり、風雪に耐え毎年美しい花を咲かせる大樹。力強く生命力に溢れたその姿に、大器晩成といわれた画伯が自身の生き方を重ねあわせたのかもしれません。まさに奥村芸術の頂点ともいうべき名作『醍醐』。
 
このたび著作権者である奥村正氏監修のもと、共同印刷(株)の最先端技術「彩美版(R)」により、原画の臨場感をあますことなく再現いたしました。土牛画伯独特の“たらし込み”による繊細な色彩表現など、作家の筆遣いまでをも見事に伝えています。また正式な承認のもと制作された証として、額裏に著作権者による承認印と限定番号が入れられた証明書が貼布されています。奥村土牛画伯が描く究極の美『醍醐』。どうぞお気に入りの場所で貴方様だけの至福の時間をお過ごしください。
 

作品詳細情報

品番 AR-OT08
作品名 醍醐
作家名 奥村土牛
技法 彩美版、シルクスクリーン併用
サイズ 縦59.5cm×横50.5cm
額・軸寸 縦80.8cm×横71.8cm
保証書
限定数 500部
納期 受付後3週間前後
作品の状態 額装

作家プロフィール

1889(明治22)年 東京生まれ。小林古徑に師事。
1947(昭和22)年 帝国芸術院会員推挙。
1962(昭和37)年 文化勲章受章。
1989(平成元)年 日本美術院名誉理事長。
1990(平成 2)年 奥村土牛記念美術館開館。9月25日逝去(享年101歳)。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません