瓶花(へいか)/小倉遊亀の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 絵画 > 瓶花(へいか)/小倉遊亀
 
 <前の商品 瓶花(へいか)/小倉遊亀  次の商品
 
瓶花(へいか)/小倉遊亀 瓶花(へいか)/小倉遊亀 瓶花(へいか)/小倉遊亀
瓶花(へいか)/小倉遊亀 瓶花(へいか)/小倉遊亀 瓶花(へいか)/小倉遊亀
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 小倉遊亀
商品番号:AR-OY34
販売価格 : 205,200 円(税込)
数量


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

彩美版(R)複製画
『瓶花(へいか)』 文化勲章受章 小倉遊亀

  金地に映える花椿

本金箔を敷き詰めた背景の金地に、決して負けない椿の強い花と枝葉であるが、それらを揺ぎなく下で支えているのが、古九谷の花瓶である。花と陶器との取り合わせには、絶妙の感覚の冴えを見せる小倉画伯だが、この花器は院展の先輩小林古径氏から譲られたもので、画伯が最も気に入った器の一つであり、多くの作品に登場する。
その文様の描写において、つねに一点一画ともゆるがせにしないのは、古径芸術への畏敬の念を一筆一筆にこめているからであろう。画伯七十七歳、喜寿のめでたい力作である。(美術評論家 谷岡清作品解説書より抜粋)

○著作権者による特別な許可のもとに複製。
○本金箔を使用し、一枚ずつ手作業で制作。
○美術評論家・谷岡清氏による書き下ろしの解説書を付属。

日本画壇を代表する女流作家−小倉遊亀画伯。大正から平成にわたる激動の二十世紀を生きたその生涯で描かれた作品は、観るものに深い感動を与え続けています。
ご案内の作品は、小倉遊亀画伯が愛蔵した古九谷の花瓶と、見事に咲いた椿の花が画伯らしい生命感あふれる秀作です。著作権者の特別な許可のもとに、背景に本金箔を使用し、原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった、まるで絵の鼓動までが聞こえてくるような「彩美版(R)」で華やかに甦りました。ぜひこの機会に貴家の美の家宝としてご愛蔵くださいますようお奨め申し上げます。

彩美版 (R)とは

画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法による複製画です。最新のデジタル技術加工処理技術と高精度なプリントにより、原画の持つ微妙なニュアンスや作家の筆遣いといった絵の鼓動までもが表現されています。
「彩美版(R)」は共同印刷株式会社の登録商標です。


作品詳細情報

品番 AR-OY34
作品名 瓶花(へいか)
作家名 小倉遊亀
技法 彩美版 (R)、シルクスクリーン手刷り本金箔使用  
※彩美版 (R):共同印刷株式会社の登録商標
画寸 縦33.5cm×横41.0cm
額寸 縦51.5cm×横59.5cm
用紙 かきた
重量 約2.6kg
額縁 特製木製額金泥仕上げ
付属品 黄布袋、吊金具、紐
解説 谷岡清(美術評論家)
監修 (有〉鉄樹
発行 共同印刷株式会社
納期 受付後2週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

明治28年 滋賀県大津市生まれ
大正 6年 奈良女子高等師範学校卒業
昭和29年 第四回上村松園賞を受賞
昭和47年 「瓶花」制作
昭和53年 文化功労者として顕彰される
昭和55年 文化勲章受章
平成 8年 日本美術院名誉理事長に就任
平成11年 パリの三越エトワールで「小倉遊亀展」を開催
平成12年 逝去 享年105歳
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません