【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園の商品詳細

クレジットカードでご購入のお客様へ


 
 

2018年 12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
今日
冬期休業日


フォーラムかや
インターネット通販係

〒550-0015
大阪市西区南堀江2-9-20
■TEL:0120-473-731
(フリーダイヤル)
カタログ・商品のお問い合せなど、お気軽にご連絡下さい。





 
 
   種類別検索 > 掛け軸 > 【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園
 
 <前の商品 【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園  次の商品
 
【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園 【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園
【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園 【残部僅か】『新螢(にいぼたる)』 軸装版/上村松園
クリックすると商品が拡大表示されます。
 
作家名 : 上村松園
商品番号:AK-US32
販売価格 : 129,600 円(税込)
数量
※残部僅かのため、完売の節はご容赦ください。


作品・商品についてのお問い合わせやご質問は、
信頼・安心のアートアドバイザーが承ります。
■メールをご利用の方はコチラをクリック
■お電話はフリーダイヤル0120-473-731まで
 
 

作品解説

彩美版(R) 東京国立近代美術館所蔵

女性初の文化勲章受章 上村松園筆
『新螢(にいぼたる)』上村淳之監修


たおやかに、すがすがしく。松園画伯の想いが、ここに螢となりました。

夏草の茂みから仄かに光って翔び立った蛍に、袖をそっと引き寄せて近く
に招いているかのようにさえみえる優しい姿、静かな初夏の心地よい空間を
あらわして清々しい。

現実の世界を再現するのではなく、世阿弥によって創られ、象徴化された能楽の世界をコンセプトに展開していく松園の世界は、市井の姿をも、むしろ浮世離れした理想の世界に昇華し、汚れない美しい女性美を求めている。
衣装を江戸中期に遡らせているのも現実臭を消すためではなかったかと思わ
れる。(監修:上村淳之)


■新螢(にいぼたる)/軸装版はこちらのページにて承ります。
■新螢(にいぼたる)/
額装版はこちらのページにて承ります。


彩美版(R) 複製画とは
画材の質感と豊かな色調を再現するために生み出された新時代の画期的な技法です。
最新のデジタル画像処理技術と高精度プリントにより、原画のもつ微妙なニュアンスや作家の筆使いといった絵の鼓動までもが表現されております。

作品詳細情報

品番 AK-US32
作品名 新螢(にいぼたる)/軸装版
作家名 上村松園
画面寸法 天地43.0cm×左右52.5cm
表装寸法 天地138.0cm×71.8cm
表装 三段表装
※表装は品切れ等の事情により、同一晶質・似ている模様の生地を
使用することがございますのでご了承ください。
表装材料 天地=淡莱綿支那パー
中廻し=利久地木瓜に宝文継子
風帯・一文字=牙地唐草文金欄
軸先=新牙
箱=桐箱・タトゥ付
仕様・体裁 監修・解説/上村淳之(財団法人松伯美術館館長)
原画所蔵/東京国立近代美術館
版式/彩美版(R)・複製画
用紙/特製絹本
限定数/300部
用紙/特製絹本
発行/共同印刷株式会社
納期

受付後3週間前後
(納期のご質問・ご要望等承ります。)

作家プロフィール

明治8年  4月23日、父・上村太兵衛、母・伸子の次女として京都市下京区
       四条通御幸町西入ル奈良物町に生まれる。本名津禰(つね)。
明治20年 京都府画学校入学。鈴木松年の指導を受ける。
明治21年 鈴木松年の京都府画学校退職にともない同校を退学し、正式
       に松年に師事。
明治23年 第3回内国勧業博覧会に〈四季美人図》を出品。同作品は来
       日中の英国皇子コンノート殿下の買い上げとなり、評判になる。
明治25年  農商務省より米国シカゴ万国博覧会に《四季美人》の出品要請があり、制作
       (出品は翌年)。
明治26年  隣家よりの類焼で高倉通蛸薬師に移転。この頃、市村水香に漢字を学ぶ。
       幸野楳嶺門に移る。
明治28年  幸野楳嶺死去。竹内栖鳳に師事。
明治33年  第9回日本絵画協会・日本美術院連合展で《花ざかり〉が銀牌を受け、
       画壇での地位を高める。
       パリ万国博覧会に《母子》を出品(制作は前年)。
明治35年  嗣子信太郎(松篁)生まれる。
明治40年  文展(文部省美術展覧会)が開設され、第1回展に《長夜》を出品。
       この頃、初めて上京する。
昭和6年  ベルリン日本美術展に《虫干》を出品。
       ドイツ政府の希望により同作品を国立美術館に寄贈。赤十字賞を受ける。
昭和9年  第15回帝展に《母子》、大礼記念京都美術館展に《青眉》を出品。
       竹内栖鳳、土田麦倦ら17名によるグループ春虹会に参加。
昭和10年 帝展参与となる。
昭和15年 ニューヨーク万国博覧会に《鼓の昔〉を出品。
昭和16年 帝国芸術院会員となる。
昭和19年  《新螢》を制作。帝室技芸貞となる。
昭和21年 第1回日展審査員となる。
昭和23年 11月、文化勲章受章。
昭和24年  8月27日、平城の「嘆禽荘」にて逝去。享年74歳。
 
 
 
 
 
  氏名 : 評点 :
内容 :
入力された顧客評価がありません